一人暮らしのクローゼットに洋服が入りきらない!収納するコツやおすすめ家具を紹介

一人暮らしのクローゼットに洋服が入りきらない時の収納するコツやおすすめの家具についてまとめました。

一人暮らしのクローゼットに洋服が入りきらないという悩みには、理由があります。 

  • もともとの洋服の量が多すぎる
  • クローゼットの大きさに収納方法が合ってない
  • 洋服以外のものの収納ができていない

収納方法の工夫やサービスを利用することで、収納の悩みを解決する方法を紹介します。

目次

一人暮らしのクローゼットに入りきらない洋服を収納するコツ

一人暮らしのクローゼットに入りきらない洋服を収納するコツを紹介します。

ハンガー選び

ハンガーの種類を揃えると、高さが同じになり洋服がひっかからなくなり、洋服も見えやすく取り出しやすくなります。

また、クローゼットに統一感があってきれいに見えることで、「ハンガーにかけられる分だけしか服をもたない」という意識を持つきっかけになり、無駄な買い物も減ります。

引き出し収納

パイプハンガーの空きスペースには、引き出し収納を置くのがいいです。

収納ケースにはキャスターが付いていると、掃除がしやすくなり衣替えにも便利です。

棚をつくる

クローゼットの上部にある空きスペースを、突っ張り棒と突っ張り棚で簡単な棚をつくることができます。

突っ張り棚は簡易的なものになりますので、バッグやちょっとした小物など軽量なものをおきましょう。

布団を収納する

クローゼットの中は洋服以外のものもあります。

特に布団はスペースを取るので、専用の収納袋に入れることによって、スペースが生まれきます。

一人暮らしのクローゼットに入りきらない洋服を収納するおすすめの家具

一人暮らしのクローゼットに入りきらない洋服を収納するおすすめの家具を紹介します。

バッグの吊り下げ収納

空間を縦に使えて、スッキリ見えてデッドスペースもなくなります。

バッグもきれいに収納でき、型崩れを防ぐことができます。

https://item.rakuten.co.jp/jsusa/ra55309/?s-id=bk_pc_item_grid_image_c

衣類の吊り下げ収納

布製のものなので、軽くて簡単に取り付けることができます。

一目で何があるのか分かるので、洋服や小物の片付けも楽にできます。

ニットやデニムなどをたたんで収納できるので、しわにならず型崩れもしにくくなります。

https://item.rakuten.co.jp/linofle/ly-0459/?s-id=bk_pc_item_grid_image_c

衣類をもっと収納

クローゼットのハンガーパイプにひっかけるタイプで、まだまだ収納したい洋服をかけることができ、お店のように陳列できます。

高さや幅は調節でき、クローゼットのスペースに合わせて設置することができます。

https://item.rakuten.co.jp/a-life2010/ch-ex/?s-id=bk_pc_item_grid_image_n

一人暮らしのクローゼットに入りきらない洋服を部屋からなくす方法

一人暮らしのクローゼットに入りきらない洋服を部屋からなくす方法を紹介します。

メルカリに出品する

あんまり着ていないけど、捨てるのはもったいない服ってありますよね。

思い切ってメルカリに出品してみましょう。

少し手間はかかりますが、自分には必要のないものでも必要だと感じる方がいるかもしれません。

断捨離

断捨離とは、ただ「いらないものを処分すること」ではなく、ものにとらわれず生きていこうという考え方を言います。

本当に必要なものを選別できるようになると、無駄遣いを抑えることができます。

この機会にトライしてみてもいいですね。

預ける

やっぱり捨てるのが苦手って人もいますよね。

そんな方はコートやセーターなどのしばらく着ない冬服など、預けることができるサマリーポケットサービスがあります。

一時預けておいてまた時期を見て見返すと、その服に対する見方も変わって再び愛着が湧いてくることがあるかもしれません。

一人暮らしのクローゼットに洋服が入りきらない!収納するコツやおすすめ家具を紹介まとめ

一人暮らしのクローゼットに洋服が入りきらない時の収納するコツやおすすめの家具についてまとめました。

メルカリや断捨離などを利用しもともとの洋服の量を見直し、クローゼットの大きさに合わせた収納をすることにより、クローゼットがスッキリ片付きます。

部屋に出しっぱなしの服や雑貨などをクローゼットにスッキリ片付けることができれば、部屋でゆっくりくつろぐことができ、気持ちの良いおうち生活ができることでしょう。

こちらも読まれています
目次